?

介護業界に興味があるなら介護福祉の専門学校で勉強しよう

老人と話す

介護のエキスパートの介護福祉士を目指すなら専門学校での勉強が必須

公園で散歩

やりがいがあり、年齢や性別に関係なく長期に渡って働ける職業として注目を集めるのが介護福祉の領域です。高齢化社会は今後もさらに進行するため、常時求人需要も多く、雇用の安定した職種でもあります。しかし介護職でキャリアを積み高給を目指すなら、専門知識や資格の習得が必須で、効率的に学ぶには専門学校への通学が最適と言えます。介護福祉の専門学校は通常昼間二年のカリキュラムで、国家資格である介護福祉士試験の受験資格が得られる仕組みとなっています。授業では国家試験突破に向けて万全の対策とサポート体制を整えており、高い合格率を導きます。
介護福祉士の資格があると、リハビリ病院や施設での介護業務や自宅訪問しての介助等に従事でき、介護領域の就職先の選択肢を広げられるのがポイントです。専門学校の授業では、少人数制でケアが行き届いた環境で基本的な理論を体系的に学べ、同時に様々な現場環境での実習を通して実践力を身に付けることができ、卒業後は即戦力として活躍することが可能になります。就職斡旋に強いのも専門学校の特長で、就職率の高さも抜群です。介護福祉の専門学校は全国各地に数多くあるので、オープンキャンパスや資料請求を活用して、最適な一校を選択しましょう。