?

介護業界に興味があるなら介護福祉の専門学校で勉強しよう

老人と話す

高校生が介護福祉専門学校に進学する場合のポイント

階段を上る

高校卒業と同時に企業で働き始めるよりも、専門学校でスキルを高めてから就職したほうが、生涯に受け取れる賃金は大幅に高くなります。また専門学校には様々な学科がありますが、特に注目されているのは介護福祉について学べるコースです。介護福祉専門学校を高校生が選ぶときには、実習授業が充実している点にこだわるのがポイントです。地域の介護施設と連携している学校であれば、実際に実習授業を通じて高齢者の介助について十分に学ぶことができます。
そして選択科目数が多い介護福祉専門学校であれば、一人一人の進路に合わせて独自のカリキュラムを構築することが可能です。また介護福祉士の資格取得が大きな課題ですが、選択科目を積極的に受講すると更に多くの資格取得が目指せます。一方で進学後に具体的な就職先を決めるプロセスでは、進路指導の担当者と相談を繰り返すことが重要です。
就職説明会や個別相談会が充実している学校であれば、一人一人の能力と適性に合わせて仕事探しをすることが可能です。また授業を通じて技術と知識を身につけることも重要ですが、在学中に学園祭などのイベントに積極的に参加することも大切です。イベントに向けた準備で協調性を高めると、介護施設に就職した後もその経験を生かすことができます。